FRP防水

■ FRP防水をご紹介

近年注目を集めているのが、ガラス繊維強化プラスチックを用いたFRP防水。
強度・耐水性・成型性が非常に優れているため、自動車や船舶、水槽、バスタブといった幅広い箇所の防水工事に用いられています。

液状の不飽和ポリエステル樹脂を主原料とし、そこにガラス繊維などの補強材を加えた塗膜防水で、複雑な形状の箇所にも対応可能。
強度が高いため、人の出入りが多いベランダや屋上、外廊下などの防水工事に向いています。

継ぎ目の無い美しい防水層が仕上がり、着色も可能なことから、外観にこだわりたい方にもぴったり。
材料自体が軽量であるうえ保護層が不要なため、建物に負担をかけないのも大きなメリットです。

ただし、施工中は臭いが周囲に広がってしまうため、ご近所への説明など、臭気対策は必須。
また、紫外線が長期間あたると劣化してヒビ割れる恐れがあるため、定期的なトップコートの塗り替えで防水層を長持ちさせる必要があるなど、プラスチックならではの欠点も見られます。

おすすめ箇所
人の出入りが多い屋上、ベランダ

FRP防水の特徴
・ガラス繊維で補強した強靭な防水層
・強度が高いため、出入りの多い場所におすすめ
・軽量で建物に負担をかけない

【電話】代表直通:090-1431-8925 事務所:029-873-7216
【メール】こちらのフォームよりどうぞ(24時間受付)≫
【営業時間】8:30~19:00 (日曜定休)
【対応エリア】牛久市を中心に茨城県・千葉県・埼玉県・東京都 (一部地域を除く)

一覧ページに戻る