シート防水

■ シート防水工事とは?

シート防水には塩ビシート防水・ゴムシート防水・アスファルト防水の3種類がありますが、当社では耐久性の高さを重視し、塩ビシート防水を採用しています。
塩ビシート防水は、大手ハウスメーカーも頻繁に用いられている、信頼性の高い防水工法。
塩化ビニル樹脂系のシートを接着剤で貼るだけなので施工性が高く、耐候性、耐薬品性、耐磨耗性に大変優れています。

気になるシートのつなぎ目部分も、熱風でシートを溶かして一体化させるため、高い防水性を発揮でき、美しい仕上がりに。
色や模様がプリントされたデザイン性の高いシートもありますので、見た目にこだわりたい方にもオススメです。

鳥のついばみなどにも負けず、保護塗装も不要であるため、メンテナンス費を節約できるのもうれしいところ。
工法としては“接着工法”、“機械的固定工法”の2種類があり、下地の種類や状態、使用用途によって適する方を選択します。

密着工法
下地とシートの裏面に接着材を塗り、貼り付ける工法です。
ある程度の強度を持つため、軽歩行ができるというメリットがあり、工期も比較的短いのがその特徴。
ただし、平らな場所でなければ難しいことが多く、通気性がないため下地の影響を受けやすいというデメリットもあります。

機械式固定法
下地に緩衝材をはさみ、鋼板やビスを使って防水層を固定する工法です。
シートを躯体に直接接合しないため、屋上に亀裂が入ったり、建物が振動しても影響を受けることはほとんどありません。
下地の水蒸気が分散するため、シートの膨れも防止できますが、人が歩く場所には不向きです。

塩ビシート防水は工事の難易度が高いと言われ、現状施工する業者は多くありません。
塗膜防水と違って、シートが切れることにより水が入りこんでしまう恐れがありますので、技術・経験の確かな当社までぜひご依頼ください。

【電話】代表直通:090-1431-8925 事務所:029-873-7216
【メール】こちらのフォームよりどうぞ(24時間受付)≫
【営業時間】8:30~19:00 (日曜定休)
【対応エリア】牛久市を中心に茨城県・千葉県・埼玉県・東京都 (一部地域を除く)

一覧ページに戻る